大手予備校である四谷学院の費用について

受験生に最適なシステムがある四谷学院の費用はどうなっているか

したがって中1レベルからスタートした生徒であっても、最終的に東大レベルまで到達させることができます。
今何をしなければならないのかを明確に知ることができるので、着実に学力をアップさせることが可能です。
プロの講師との1対1の指導なので、わからないところがあればその場ですぐに指導してもらえるというメリットがあります。
それによって得意科目はどんどん先へ進むことができ、苦手科目はじっくりと学ぶことができます。
演習量が高い記述式テストや学力の穴をなくすことができるフォローアップテストによって、確実に手ごたえを実感することが可能です。
このような受験生に最適なシステムがある四谷学院の費用はどうなっているかというと、まず高卒生コースでは入学金が100,000円、授業料が610,000〜630,000円となっています。
その他に諸経費が私立型だと69,800円、国公立型だと74,800円かかります。
それに加えて特設ゼミや単科ゼミ、55オプションなどを追加することができます。
医学部を目指す方に最適なのが医学部特設ゼミです。
医学部特設ゼミで設置されている科目は、英語や数学、物理や化学、生物などがあり、その中から選択することができます。
料金は週1コマ全21回で、各科目350,000円です。
他にも小論文ゼミや55医系小論文などのコースが設置されています。

四谷学院は40年以上の実績がある大学受験予備校です受験生に最適なシステムがある四谷学院の費用はどうなっているか基礎から学びたい方におすすめなのが、ゼロからゼミと基礎からの理数演習ゼミ

予備校のノリで学ぶ大学数学 ~ツマるポイントを徹底解説